オシャレな人も注文するオーダーシャツの世界

オシャレさんに人気

男性

オシャレな人は取り入れている「オーダーシャツ」

オーダーシャツは会社で義務付けられない限りは特に利用する必要はありませんが、おしゃれな人は自分のスーツやネクタイ、ポケットチーフなどのアイテムに合わせてぴったりの色を選んだり、着用した時にラインが綺麗に見えるように、体型にぴったりフィットしたものを選んだりしています。実際、シャツ姿になったときに、既製品とオーダー品のシルエットの違いははっきり判りますので、ビジネスウェアにもこだわりたいという人にお勧めです。

オーダーシャツには種類がある

オーダーシャツには大きく分けて3つの種類があります。生地や色だけ選んで決まったパターンで仕立ててもらう既製品に近いものもあれば、複数ある各パーツのパターンから自分の体型に近いものを選び、それらを組み合わせて調整して仕立てるセミオーダーもあります。また、パターンを使わず、採寸してその人にぴったりのパターンを作成するところから始めるフルオーダーもあります。ぴったりフィットしたシルエットになるだけでなく、アレンジも加えられます。

オーダーする前に採寸を忘れずに

オーダーシャツを申し込むときは、フルオーダーの場合を除いては、自分で採寸してサイズを伝えるという流れになります。そのため、注文をする前に正確なサイズを知っておかなければなりません。家族等に協力してもらい、最新のサイズを調べておきましょう。

襟元のデザインで雰囲気が変わる!

シャツの襟元は人から注目されやすいため、オーダーシャツにするならこだわりたいものです。使い勝手が良いのはレギュラーカラーですが、首が短い人、堅苦しいのが苦手な人はワイドカラーの方が似合います。また、ボタンダウンカラーはビジネスでも着用でき、ノーネクタイでもおしゃれに見えます。

カフスデザインでプラスアルファの着こなし可

ジャケットから時折覗くカフスデザインも、オーダーシャツなら自由に選べます。シンプルなシングルカフスはフォーマルでも使えますが、コンパーチブルカフスはボタン、カフスボタンのどちらも使えて便利です。ダブルカフスにするとパーティーにもぴったりです。

広告募集中